ひとりで悩まず、まずお電話を。相談は無料、秘密は厳守いたします。

労働者の利益を守るため

鹿児島県労連は、労働者・国民の利益をなによりも大切にするナショナルセンター(全国組織)として誕生した全労連(全国労働組合総連合)の一翼を担い、1990年7月21日に結成したローカルセンター(地方組織)です。

労働組合の連合体として、地域の賃金底上げや労働条件の改善を求める運動、不当解雇などをはじめとする労働争議や労働相談など、労働者・県民との対話と協働を広げながら、平和や民主主義を守るための様々な取り組みをすすめています。

11月は労働時間適正化キャンペーン期間です(厚生労働省)